読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国語を全く話せない社長が留学に来た日記

2016年9月より北京語言大学へ留学しました。予定3ヶ月だけど

優秀な皆様

こな留学生活もはや1ヶ月を超えてきました。

あいも変わらず、中国語の上達スピードか遅い…(゚∀゚) まあ、何年も勉強して努力している学生や社会人の人達から言わせたら「甘い」のかもしれません…

 

さて、1ヶ月もたつと学内学外ともにすこしづつ留学の日本人とお話する機会も増えてきました。あとは「你好(^^)」程度の挨拶する外国人…レベル低いな〜僕。ポケモンならレベル3くらい

 

しかし、まあ学生を除いて有名企業にお勤めの方が非常に多い。私みたいな商売人は「皆無」

です。「経営者の方は珍しいですね…」とは何度かいわれました。まあ、フリーターみたいなもんですよ。ハイパーメデイアフリーター

 

ちゃんと調べたわけではないけど、欧米あたりでは有名大学の成績優秀な学生は起業して下の方にいくほど会社に勤めるという。日本もこんなに優秀な学生や社会人が起業しないのはもったいなーとヒシヒシと感じるんですね。

 

●MBAに行ってます。行ってました

●英語、中国語、〇〇語ができます

●〇〇大学をでました

 

これ、起業したら言うたところで「へー」で会社はどれくらいで?と言われて実績(売上、利益、従業員数や仕事の内容)聞かれてクソみたいだったらなんも言えないすからね…笑

ある程度の会社なら評価されて良い仕事に配属されるかもですが。

 

日本はやはり士農工商の序列がDNAなんですかね…無理には起業を勧めるわけではないですが「商」もなかなか面白いですよ(^^)

 

f:id:chainagogo2016:20161030191309j:image

 最近こんな朝飯たべるようになってきました